アジスロマイシンが効く|【ジスロマックの効果とは?】最強クラスの抗生物質で病気を治す

アジスロマイシンが効く

たくさんの薬

1920年代にペニシリンという名前の抗生物質が世に現れてからこれまでさまざまな種類の抗生物質が発見され、医薬品として仕上げられて人々の「病気を治したい」という思いにこたえてきた。
抗生物質は細菌による病気に対して、最近を死滅させることで効果を発揮する。たとえばペニシリンは、それが登場するまでは「死の病」として知られていた結核を治療することに成功した。結核菌を死滅させ、病気の症状を抑えることに成功したのである。
ジスロマックという抗生物質もまた、ペニシリンと同じく細菌を死滅させることでクラミジアなどの病気を治療する。やはり、クラミジア菌を死滅させることで症状を抑えることができるのだ。
ジスロマックのその効果を担っているのは、アジスロマイシンという名前の成分である。アジスロマイシンは、細菌が増殖に必要なたんぱく質を生成しようとすることを防ぐ。細菌は個体を増殖させて人のカラダを蝕んでいくが、その増殖を抑えられてしまえば世代交代をすることができずにやがて全滅する。アジスロマイシンは、そのようにしてクラミジア菌を死滅させてくれるのである。
クラミジア菌は、アジスロマイシンが登場するまでは「厄介な細菌」のひとつであり、ジスロマックなどの強力な抗生物質が登場するまでは歯が立たなかった。しかし今は違う。歯が立つ。
しかも、アジスロマイシンはいったん体内に取り入れれば長くとどまるという性質を持っているので、量さえしっかり守って飲めば1回の服用で十分にクラミジアを治せることもあるのだ。